FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前向きでいるためのコツ 24

新年度が始まって早2か月弱、
もしかすると、ちょっとお疲れ気味の方もいらっしゃるかもしれませんね。
身体の疲れも重要ですが、脳の疲れも重要です。

脳が疲れているときには、
いつもよりもイライラしたり、
ささいなことで不安になったり、
なんだかやる気が出なくなったり
ということがあります。

脳の疲れがひどくなると、
よく眠れなくなったり、
食欲がなくなったり(逆に食べ過ぎたり)
といった症状も出てきます。
そのような状態が2週間以上続くようであれば、「うつ」の可能性も出てきます。

たとえ「うつ」の状態になったとしても、休養を取って、お医者さんの治療を受ければ、治ります。
でも、そこまでひどくなる前に、予防するのが一番です。
予防するためには、脳の疲れを癒すことが大切です。

脳の疲れを癒すためにはどうしたらいいでしょうか。
そのためには、「よく休む」ことが大切です。
脳を休めることが大切なことのです。
そのためには、仕事が終わったら、気持ちを切り替えて、仕事のことは考えないようにすることや、
嫌なことがあった時、そのことについていつまでも考えるのではなく、気持ちを切り替えてあまり考えないようにすること、
また、よく眠ることが大切です。
疲れていても、ぐっすり眠れて、よく食べられているようであればいいのですが、
脳の疲れがたまってくると、疲れているのによく眠れない、という状態なることもあります。
でも、脳の疲れを取るためには、よく眠ることが大切なので、そのような場合には、一時的にお薬を使ってでも、よく眠るようにした方がよいでしょう。
市販のお薬もありますが、やはり医師に相談してお薬を出してもらった方が安心ですし、より状態にあったお薬を出してもらえます。

脳が疲れているときには、
・必要なこと以外は、あまり考えないようにする
・よく眠る
ようにしましょう。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←あなたのクリックが更新の励みです٩(。•◡•。)۶

読んでくださってありがとうございます。あなたが幸せでありますように☆.。.:*・゜

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴23年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。