FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な気持とのつきあい方 50

前回、嫌なことや大変なことを、プラスととらえることで、人生をプラスだらけにできる、というお話をしました。

「どんなことも全部自分にプラスにする」という決意があれば、大変な出来事でさえ、人生を好転させるきっかけになる、というお話をしました。

一見マイナスの出来事と思えることを、プラスにとらえるのは、慣れないうちは難しいと思うかもしれません。

「マイナスに見えることをプラスにとらえる」ということができるようになるためには、いくらか練習も必要です。

始めのうちは、小さなことから練習するとよいでしょう。

ちょっとした嫌なことがあったら、そのときに「その出来事をプラスにとらえる」練習をするのです。

たとえば、朝起きたら雨が降っていたとします。

普段なら、「嫌だなぁ。うっとうしいなぁ。」と思うかもしれません。

そういうちょっとした嫌なことがあったときこそ、チャンスです。

その出来事を、プラスにとらえる練習をしてみましょう。

雨だと確かに気分が暗くなりがちですし、いろいろと面倒です。

でも、あえてプラスの面を探してみるのです。

どんなプラスの面があるでしょうか?

「この季節に雨が降るのは自然なことだからいいことだ」とか、

「雨音もそう思って聞いてみれば心地いいな」とか、

いろいろ探せるかもしれません。

ちょっと強引でも、探せば、プラスの面は見つかります。

そういった「プラスにとらえる」練習をしていると、いざというときにとても役に立つのです。

普段から、ちょっとした嫌なことを「プラスにとらえる」練習をしていれば、

何か大変なことがあったときにも、絶望しないで、前向きにプラスの面をみつけていくことができます。

大変なことがあったときに、いきなりそれをプラスにとらえよう、としても、かなり難しいです。

「こんなに大変なのに、プラスの面を見るなんて絶対無理」と思うでしょう。

でも、それでは、とても辛いです。

大変なことの中で、絶望してしまうかもしれません。

わたしも、この「プラスの面を見る」をしてこなかったら、とっくの昔にうつ病になっていたと思います。

誰の人生にだって、大変なことや辛いこと、悲しいことがあるからです。

でも、大丈夫です。

普段から「プラスの面を見る」という練習をしていれば。

何があっても、プラスの面を見ることができます。

どんなことがあっても、無理矢理にでも探せば、プラスの面はあります。

普段から練習して、「どんなことにもプラスの面を見つける」達人を目指してみてはどうでしょうか。

それができれば、何があっても、それを自分のプラスにしていくことができます。

あなたの人生は、プラスだらけになります。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←あなたのクリックが更新の励みです٩(。•◡•。)۶

読んでくださってありがとうございます。あなたが幸せでありますように☆.。.:*・゜

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴23年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。