FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な気持とのつきあい方 36

前回は、優しい人は、感情をコントロールしようとして、感情を抑え込むことが多い、というお話をしました。

感情を抑え込んでいることで、エネルギーを消耗し、心身の調子が悪くなることも多い、というお話でした。

日本人には比較的、こういう方が多いのではないかと思われます。

自分の感情のままに行動して、人に迷惑をかけたり、人を傷つけたりするよりは、ずっといいですが、

自分の心身の調子が悪くなるのは、嫌ですよね。

・「人に迷惑をかけたり、傷つけたりするような行動をとらない」のと、

・「自分の感情を抑え込まない」というのが両立すれば、一番いいわけです。

これができれば、人にとっても、自分にとっても、いい状態です。

さて、そんなことができるのでしょうか?

できます。

感情ではなく、行動をコントロールすればいいのです。

例を見てみましょう。

何か嫌なことをされたりすれば、人は誰でも、怒りの感情を感じます。

怒りの感情を感じても、全く悪いことではないので、それを抑え込んだりしないようにします。

「自分は怒りを感じているな」と、自分に認めてあげます。

(怒りの感情を抑え込む場合というのは、このようなときに「いや、私は怒りなんて感じていない」と否定したりすることです)

怒りの感情は、ずっと続くものではありません。

あまりそのことにこだわって考え続けたりしないで、普通に過ごしていれば、時間と共に薄れていきます。

なかなか怒りの感情が薄れないようなら、以前にこの項目で書いた方法(考えない・場面を変える・書く)等をやってみます。

このような方法で、多くの怒りは何とかなります。

そして、心の中で怒りの感情を感じている、と認めつつ、

嫌なことをした相手に、怒りをぶつける、ということはしないようにします。

もし言う必要があるときには、「怒りをぶつける」という感情的なやり方ではなく、冷静にお話しするようにします。

たとえば、相手のミスで困ったことになった場合には、

A.「ちゃんとやってくれなきゃ困るじゃないか!!」というような、感情的な言い方をするのではなく、

B.「お願いがあるのですが、これはこうしていただけると助かるのですが。」というような、冷静な言い方をします。

A.の言い方だと怒っていますが、B.の言い方だと怒っていないですよね。

怒っているのではなく、必要なことを伝えているだけです。

A.とB.では、言われた方の気持ちは、全く違います。

このようにすれば、怒りの感情を抑え込まずにいながら、人を傷つけたりすることもないのです。



↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←あなたのクリックが更新の励みです٩(。•◡•。)۶

読んでくださってありがとうございます。あなたが幸せでありますように☆.。.:*・゜

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴23年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。