FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な気持とのつきあい方 32

前回は、「心の中で思うこと」と「行動すること」を別にすればいい、というお話をしました。

「心の中で思うこと」までコントロールしようとすると、感情を抑圧しやすくなり、心の健康に良くないからです。

私達にとって、大切なのは「行動」です。

「心の中で思うこと」も、大切ではありますが、

いくら心の中で思っていたとしても、行動しなかったとしたら、どうでしょうか。

たとえば、Aさんという人がいて、奥さんのことをとても大切に思っているとします。

心の中では、奥さんのことを、すごく、何よりも大切に思っているとします。

でも、そういう気持ちは、行動では全く示しません。

むしろ、いつも奥さんに対して、文句や、けなすようなことばかり言っています。

何か嫌なことがあると、奥さんに八つ当たりして、暴力をふるうこともあります。

なぜそんなことをするかというと、「こいつにはそういうことをしてもいいだろう」という、甘えがあるからです。

奥さんは、いつも、とても辛い思いをしていました。

奥さんは、耐えることができなくなって、ある日突然出て行きました。

Aさんは、「こんなに大切に思っているのに、一体どうして!!?」

と、信じらず、茫然自失となりました。

何よりも大切に思っていたのに、一体どうして奥さんは出て行ったのか。

客観的に見れば、すぐにわかることですよね。

それは、「大切に思っている」だけで、「それを伝えたり表したりする行動」は、全く取らなかったからです。

いくらどんなに、心の中で思っていても、行動をしなければ、この世界では、たいていの場合、あまり意味がないのです。

「思っていればいいだろう」というのは、甘えでしかありません。

行動しなければ、ダメなのです。

ちょっと極端な例になりましたが、「心の中で思うこと」よりも、「行動すること」の方が大切、という例です。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←あなたのクリックが更新の励みです。ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
訪問、ありがとうございます。

ブログの内容、大変興味深かったです。
私は現在、『境界性パーソナリティー障害』で
神経精神科を受診していて、ジェイゾロフトを常用していますが、よろしければ、相互リンクをお願いします。

Re: No title

らむみさん

コメントありがとうございます。
何かのご参考になれば嬉しいです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴23年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。