FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な気持とのつきあい方 25

前回に引き続き、抑圧という心の働きについてご説明しています。

感情を強く抑圧していると、そのために元気がなくなることがあります。

実際、私がカウンセリングでお会いしてきたうつ状態の方には、感情を強く抑圧している方が多くいらっしゃいました。

そして抑圧しているのは、ほぼ例外なく、「怒り」の感情でした。

私達が感情を抑圧するときには、いろんな感情を抑圧しますが、中でも特に抑圧されることが多いのが「怒り」です。

もしかしたらこれは、日本人だからなのかもしれません。

「怒るのは悪いことだ」と思っている方が、多いのかもしれません。

人と対立したり、議論したりするよりも、

皆仲良くやっていくことの方が良いことだと思われている傾向があるからなのかもしれません。

理由はわかりませんが、経験上、どうも「怒り」を抑圧している方が多いのです。

怒りを抑圧している方はどういう方でしょうか。

たいていの場合、「優しい、いい人」です。

人とぶつかったり、声を荒げたりするようなことは、ないような人です。

自分が嫌だとひそかに思っている人に対しても、愛想よくにこやかに接するような方です。

あなたの周りに、そういう方はいませんか?

そういう方は、とても偉いと思います。

偉いと思いますが、心の健康にはよくありません。

そういう方は、どちらかというと、うつになりやすいからです。

なぜうつになりやすいかと言うと、そういう方は、怒りを抑圧することが多いからです。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←クリックしていただけると、とっても嬉しいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴23年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。