FC2ブログ

嫌な気持とのつきあい方 5

誰でもときには「嫌な気持ち」を感じます。

嫌な気持ちによって辛い思いをすることを、最小限にするためには、適切な対処をする必要があります。

嫌な気持ちへの対処法には、嫌な気持ちの程度によって、いくつかあります。

・考えない

・場面を変える

・書く

・嫌な気持ちを仲間にする

などです。

見ただけでは、何のことやら?という感じかもしれません。

それぞれに、説明が必要ですね。

基本的には、上から下に行くほど、嫌な気持ちの程度が強いものへの対処法になります。

これらのうち、上の3つについては、これまでにも書いたことがあります。

最後の一つは、これまでにどこにも書いたことがありません。

そしてこの方法は、ある意味画期的と言えるかもしれません。

上の3つの対処法や、よく言われる対処法と比べると、

方向性としては逆のように見えるものだからです。

ひとつずつ、説明していきます。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←クリックしていただけると、とっても嬉しいです。
スポンサーサイト

嫌な気持とのつきあい方 4

嫌な気持ちへの対処法には、嫌な気持ちの程度によって、いくつかあります。

「いくつかなんて面倒くさい」と思われるかもしれません。

「これだけやればいいというのはないのか」と思われるかもしれません。

ですが、「嫌な気持ち」と言っても、その程度には大きな違いがあります。

前述のように、日常の中で体験する、ちょっとした嫌な気持ちなら、特に対処する必要もありません。

何とかしようとしなくても、すぐになくなります。

ですが、なかなかなくなってくれないような、「とっても嫌な気持ち」の場合には、何もしないと、何日も引きずってしまうかもしれません。

その間ずっと嫌な気持ちで過ごして、そのために周りの人に八つ当たりしたり、とげとげしい態度をとってしまうこともあるかもしれません。

そういった嫌な気持ちは、それでもしばらくしたらなくなるでしょう。

でも、なくなるまでに何日もかかるのでは、その間が嫌ですよね。

何日も嫌な気持ちで過ごすのも嫌だし、そのために周りに迷惑をかけるのも嫌でしょう。

何もしなければ何日も引きずってしまうかもしれない嫌な気持ちも、適切な対応をすれば、わりとすぐになくなってくれます。



↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←クリックしていただけると、とっても嬉しいです。
プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR