FC2ブログ

ダラダラするのも大切 5

子どもの頃は、目的や目標を持って遊ぶことはあまりありませんでした。

「これをやれば〇〇の役に立つ」などのように考えて遊んでいたわけではありませんでした。

気の向くままにダラダラとやりたいことをやることを、「ムダだ」とは思っていませんでした。

そうやってやりたいように過ごす時間を、純粋に楽しんでいました。

いまや国民的な「子ども」とも言える、ちびまる子ちゃんは、よくそうやってダラダラ過ごしています。

そしてよくお母さんに怒られています 笑。

まさに子どもらしい、健康な子どもです。

自分の自由に過ごせる時間を、純粋に楽しんでいるのです。

そのような健康な心を持っている子どもだから、ちびまる子ちゃんは幸せなのです。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←クリックしていただけると嬉しいです♪

スポンサーサイト

ダラダラするのも大切 4

わたし達は子どもの頃、目標や目的を持って遊んではいませんでした。

「それをやると何かの役に立つ」とか、「何かが得られる」とか、考えていませんでした。

ただ気の向くまま、遊びたいように遊んでいました。

本来、それが遊びの本質なのではないでしょうか。

子どもの頃の夏休み、ダラダラ過ごしてはいなかったでしょうか。

そして、そうして過ごす夏休みが、とても楽しみではなかったでしょうか。

何の目的もなく、気の向くままにやりたいことをする。

それが子どもの頃の「遊び」でした。

そういう遊びをしてきたからこそ、わたし達の心は健康に育ってきているのです。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。
←クリックしていただけると嬉しいです♪

プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR