FC2ブログ

対人関係を良くするコツ 8

「ほめることが対人関係を良くするコツ」と言われても、

ほめることに慣れていない方は、そんなことするのは不自然だと思うかもしれません。

わざわざほめるなんて、わざとらしくて気持ち悪いと思う方もいるかもしれません。

でも、ちょっと考えてみてください。

あなたは、ほめられたら嬉しくはないですか?

これまでにほめられた時のことを、または、もしこれからほめられたらどうだろうかということをイメージしてみてください。

とっても嬉しいのではないでしょうか。

そうです。人にとって、「ほめられる」ことは、ものすごく嬉しいことなのです。

最も嬉しいことの一つと言えるでしょう。

「ほめる」ことによって、相手を嬉しい気持ちにさせてあげることができるのです。

それは大きなプレゼントです。

1円もかけなくたって、相手に大きなプレゼントをあげることができるのです。


 応援クリックをありがとうございます!更新の大きな励みです♪にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ こちらの応援クリックもありがとうございます♪人気ブログランキングへ 



スポンサーサイト

対人関係を良くするコツ 7

日本人の場合、一般的に見て、女性は比較的ほめることが上手な人が多く、男性は苦手な人が多いようです

(あくまで一般論です。人によって程度の違いや例外は沢山あります)。

女性は、相手と良い関係を保つために、「その服素敵ね」とか、「その髪型いいね」などのように、相手をほめることを当たり前にやっていることが多いのではないでしょうか。

それに比べると、男性はどちらかと言うと、ほめることが苦手な人が多いように見えます。

それは、「相手をほめる」ことに慣れていないということもあるでしょう。

男性同士の間では、「ほめる」ことよりもむしろ、「けなす」ことで親愛の気持ちを示すことも多いようですので、

「親しい間柄で、相手をほめるなんて気持ち悪い」と思うのかもしれません。

また、いろんなことを「勝ち負け」で考える傾向があるため、あまり相手をほめたくないという思いもあるのかもしれません。

相手をほめると、相手を勝たせることになるような気がして、それが嫌なのかもしれません。

わたしは女性なので、正直言ってそこら辺の心理は、実感としてはよくわからないのです。

観察していると、そのように見えるということです。


 応援クリックをありがとうございます!更新の大きな励みです♪にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ こちらの応援クリックもありがとうございます♪人気ブログランキングへ 



プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR