FC2ブログ

対人関係を良くするコツ 1


あなたは対人関係で悩むことはありますか?

あまり対人関係で悩むことはないでしょうか?


人にとって、対人関係はとっても大切ですね。

いくら「人のことなんてどうでもいい」と思っていても、

関わりのある多くの人達に嫌われていながら、幸せになることは難しいでしょう。

一方で、いろんな難しいことがあったとしても、

周りの人達との関係が良かったら、

「いろいろあるけれど、自分は人々に恵まれていて幸せだなあ」と思えるでしょう。


周りの人達との関係が悪いと、不幸せな気分になります。

いつも一緒に過ごす人達や、

いつも一緒に働く人達と関係が悪かったら、

いつもいつも、不幸せな気分になってしまいます。


一方で、

いつも一緒に過ごす人達や、いつも一緒に働く人達と関係が良かったら、

いつもいつも、幸せな気分でいられます。

その対人関係の良い悪いによって、その人の幸せ度合いは全く違ってくるのです。

それだけ、人にとって、対人関係は大切なのです。


そんなこと言われなくても、「対人関係は良い方がいいに決まっている」と、ほとんどの人は思うでしょう。

「そうは言ってもそれが難しいんだ」と思う方もいるでしょう。

どうしたら対人関係が良くなるのか、わからなくて悩んでいる方もいるでしょう。

でも、対人関係を良くするコツは、そんなに難しいことではありません。

と言うより、簡単です 笑。

 応援クリックをありがとうございます!更新の大きな励みです♪にほんブログ村へ人気ブログランキングへ こちらの応援クリックもありがとうございます♪人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

自分の個性を肯定する 4

誰にだって、その人の個性があるのです。

デコボコがあるのです。

子供っぽい人もいれば、大人っぽい人もいます。

テンションの高い人もいれば、低い人もいます。

どれが良いわけでも、悪いわけでもないのです。

それぞれの個性であり、その個性に合ったことをやっていけばいいのです。

個性=デコボコがあるのは、当たり前のことですから、

そのデコボコを「悪いこと」と思うのではなく、

「自分の個性」と思いましょう。

子供っぽい人が無理して大人っぽくするよりも、

テンションの低い人が、無理して高くしようとするよりも、

自分の個性として認めて、その個性の良い面を見ていきましょう。

子供っぽい人は、その純粋さを、

テンションの低い人は、その落ち着いた雰囲気を、

「自分の持ち味」として考えればいいのです。

ちなみにわたしには、「テンションが低くて大人っぽい」という個性があります。

だからカウンセラーに向いているのです 笑。

若い頃には、そういう自分の個性を、あまり好きではありませんでした。

若い頃は、テンションが高い方がいいと考えがちですから。

でも、テンションが低くて大人っぽい(冷静に考えることができる)からこそ、

何があっても動揺せずに対応する必要のある、カウンセラーの仕事をやってこられたのです。

誰でもそうです。

その人なりの個性があるからこそ、できることがあります。

自分の個性を肯定的に考えれば、自分の持ち味を生かして、自分なりに活躍していくことができるのです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
応援クリックをありがとうございます!更新の大きな励みです♪にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
こちらの応援クリックもありがとうございます♪人気ブログランキングへ


プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ