FC2ブログ

物事がうまくいかないときは心の声を聞いてみる 3

わたし達は、心が望んでいるように生きることによって、「幸せ」を感じるようにできています。


心の望みをないがしろにした生き方をしている時には、潜在意識が全力でいろんなシグナルをわたし達に送って、そのことに気づかせようとするようです。


潜在意識からのシグナルは、いろんな「うまくいかない物事」として現われてきます。


身体の不調やうまくいかない人間関係、その他あらゆる方向から、そのシグナルはやってきます。


それらのシグナルは、「もっと心の望みを大切にして!」という、潜在意識からのメッセージなのです。


スポンサーサイト

物事がうまくいかないときは心の声を聞いてみる 2

わたし自身の実体験と、また多くのご相談者を拝見していて、次のことが言えると思います。


・心の望みを大切にして、それに従って生きているときには、物事がスムーズに進みます。


・心の望みを無視して、それとは異なるように生きているときには、物事がなかなかスムーズに進みません。


ポイントは、「心の望みを大切にする」ということです。


物事がうまくいかないで大変な思いをしているときは、まず例外なくご自分の心の望みを大切にしていないのです。


「ああしなきゃ」「こうするべき」等の、頭で考えたことに従って生きていて、それがうまくいかなくて、どうしたらいいのかわからず、混乱した状態です。


それは無理もないのです。


頭でいくら考えても、わからないこと、見えないことがあるのです。


頭でいくら考えても、「どうしたらいいのか」という本当の答えはわからないのです。


なぜなら、心が望んでいることは、頭で考えてもわからないからです。





プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR