スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫌な人にどう対応するか 17

人それぞれに個性があり、いろんな人がいるのですから、





自分にとって「嫌な人」がいるのは自然なことです。





だから、「嫌な人がいる」ことで、そんなに悩む必要はないのです。





「あの人のことをこんなに嫌だと思うなんて、自分はなんて性格が悪いのだろう」と悩む代わりに、





「人は違うのだから、嫌な人がいて当然!あの人はあの人。わたしはわたし。」と思っていればいいのです。





「あの人はなんであんなこと言うのだろう!?とても理解できない・・・」と悩む代わりに、





「自分にはよくわからないけど、そういう人なんだな。」と思っていればいいのです。





そうやって、相手のことであれこれ悩むのではなく、「ああいう人なんだ」「あの人はあの人。わたしはわたし。違って当然。」と、心理的に距離を置いて相手を見るようにしましょう。





そうすれば、必要以上にあれこれと、相手のことで悩まないでいられます。





「嫌だから」といっても、相手と関わらないわけにはいかないこともよくあります。





そういう場合、表面上はちゃんと礼儀正しく相手に接しましょう。





あいさつをちゃんとするとか、必要なことはちゃんと話すとか・・。





礼儀をきちんと守って相手に接しているならば、それ以上に相手に心理的にかかわる必要はありません。





「あの人がどう思うだろうか」とか、あれこれと気にする必要はないのです。





あなたは自分のペースでいればいいのです。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
皆様の応援を更新の励みにしています。クリックしていただけると嬉しいです♪にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

嫌な人にどう対応するか 16

「いろんな人がいる」「自分とは合わない人がいる」というのが自然なのですから、「どうしてそんなことをするのか理解できないような人がいる」というのも自然なことなのです。





だから、そういう人のことについて、「どうしてあんなことを言うのだろう!?」「どうしてあんなことをするのだろう!?」と悩むだけ、ムダなのです。





なぜなら、その人はあなたとは違うからです。





違うから、あなたには理解できないような行動や言動をするのです。





だから、「どうして!?」と悩むよりも、





「そういう人なんだな。」と思っていればいいのです。





自分には理解できない、自分とは合わないといって悩むだけ、エネルギーのムダです。





たとえば、鳥からしてみれば、わたし人間が地面を歩いているのが、「どうしてそんなことをするのだろう?」と理解できないかもしれません。





「自分だったらそんなことしない。空を飛ぶのに。」と思うかもしれません。





でもそれが自然なのですから。違うのが自然なのです。





わたし達人間同士でも、違うのは自然なのです。





ですから、合わない人、嫌な人がいても、「どうして!?」と悩むよりも、





「そういう人なんだな」と思って、必要以上に悩まない方がいいのです。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
皆様の応援を更新の励みにしています。クリックしていただけると嬉しいです♪にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
こちらもクリックしていただけると嬉しいです♪人気ブログランキングへ


プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士です。カウンセラー職歴22年目。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

あなたは幸せですか?
それともなぜだか幸せを感じられないでいますか?
「一体どうしたら幸せに生きられるのだろうか?」
「こんなことをしていていいのだろうか?」等々
悩んだり、迷ったりすることも、あるかもしれません。
この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

この本を書いたのは、お一人お一人のカウンセリングの中でお話しすることを、その場で終わりにするのではなく、一人でも多くの方にお伝えしたい、と思ったからです。
カウンセリングの中で、一生懸命お話しすることによって、幸いにも元気になって頂けたりします。それは私にとって本当に嬉しいことです。でも、それで終わりにしてはもったいない・・という気持ちがあるのです。
人それぞれに悩んだり苦しんだりしていらっしゃいますが、全く同じというわけではなくても、いくらかは同じような悩みで苦しんでいる方は多くいらっしゃいます。
そういう方達に、私がカウンセリングの中でお話しすることをお伝えできたら、少しでも楽になったり元気になったりする方がいるかもしれない、
その可能性があるのなら、なるべく多くの方にお伝えして、一人でも多くの方に、楽に元気になっていただきたい、というのがこの本を書いた動機です。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム-
お花が流れるブログパーツ
めいろパズル
入口から入って出口にたどりつくと、隠れた絵がうかびあがります。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。