FC2ブログ

人を思い通りにしようとしない 6

家族など、自分に近い人のことを、「自分とは別の人間だ」と意識すると、相手にイライラしにくい、というお話をしています。

相手を「自分の一部」のように思っていると、相手を自分の思い通りにしたくなりがちです。

相手が自分の思い通りにならず、自分の思いとは違うように行動すると、イライラしがちです。

でも、「相手は自分とは違う人間だ」ということを意識していると、「相手を自分の思い通りにしたい」という気持ちが、より少なくなります。

相手が自分の思いとは違うように行動しても、「自分とは別の人間だから、自分とは違うように行動するのは当然だ」と思いやすくなります。

そして、イライラすることが少なくなります。

家族などの近い人のことを、「自分とは別の人間」と思うなんて、冷たい、と思われるかもしれません。

でもそれは、冷たいということとは違うのです。

どんなに近い人であっても、相手を一人の人間として、しっかり認めるということなのです。

これは、健康で、快適な人間関係を続けていくために、大切なことなのです。

人は、どんなに近い人であっても、一人一人、違います。

それぞれが、違うように考え、違うように行動します。

それが、それぞれの個性であり、その人らしさです。

相手を認めるということは、その人らしさを認めるということです。

相手が自分とは違うように考えても、違うように行動しても、それがその人らしさである、と認めることです。

そうやって、互いが、それぞれのその人らしさを認めたうえで関わっていくことで、

健康で、快適な人間関係を作ることができます。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。

人気ブログランキング ←あなたのクリックが更新の励みです٩(。•◡•。)۶
ありがとうございます☆.。.:*・゜


スポンサーサイト

人を思い通りにしようとしない 5

家族は、他人よりも強いつながりがあります。

他人よりも、ずっと心理的に近い所にいます。

そのため、家族に対しては、「自分とは別の人間」という意識が、薄くなることがあります。

ときには「自分の一部」であるかのように感じることも、あるかもしれません。

「自分の一部」と感じていると、相手が自分の思いと違うことをすると、イライラしてしまうことがあります。

たとえば、自分の右手や左手が、自分の思いどおりにならず、自分の思いとは違う動きをしたら、イライラしますよね。

とても親しくて、相手がまるで自分の一部かのように感じていると、そんなふうにイライラするかもしれません。

でももちろん、どんなに親しい相手であっても、相手は別の人間です。

自分の思いとは違うことを、言ったり、したりすることがあります。

それが当然ですし、それが自然なことです。

どんなに親しい相手でも、家族でも、「相手は自分とは別の人間だ」ということを意識するようにしていると、 相手に対してイライラすることが少なくなります。

なぜなら、相手が自分の思いとは違うように行動するのは、当然で自然なことだからです。


↓ブログランキング参加中です。カウンセリング関係のブログ情報満載です。

人気ブログランキング ←あなたのクリックが更新の励みです٩(。•◡•。)۶
ありがとうございます☆.。.:*・゜


プロフィール

野崎のりこ

Author:野崎のりこ
【プロフィール】臨床心理士。カウンセラー職歴24年目。私がカウンセラーになったのは「人にとって最も苦しいのは、心が苦しいことだ」と高校時代に思ったからです。カウンセラーになりいろんな経験を経た今も、苦しみにはいろんなものがあるけれど、心が苦しいことほど苦しいことはない、と思います。心が楽になることが、人が幸せになるために絶対に必要なことだと考えています。一人でも多くの方の心が楽になることを願いながら、カウンセラーを続けています。ご相談・助言をご希望の場合はカウンセリングルーム・レイでご提供しているサーヴィスをご利用ください。

【著書のご紹介】
「心を明るくする幸せのカギ」たま出版

この本では、これまで臨床心理士として多くの悩み苦しんでいる方達のカウンセリングをしてきた著者が、「どうしたら幸せに生きられるのか」についてわかりやすく説明しています。
生きていて何となく不満・・なぜか幸せを感じられない・・あらゆる心の悩みを感じている人々に向けて、幸せに生きるためのコツを説明した「読む」カウンセリングです。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR